カテゴリ: SS

    • カテゴリ:
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11 16:21:46 ID:Pp5vUQ4WO
    ~公園~

    上条「いつまで続くんだよこの暑さは…?」

    俺「彼岸まで、な…」

    上条「……ところでなんだよお前…俺がさっきからしゃべってるの一人言だぞ。暑苦しいから他のベンチに座ってくれ」

    俺「アイス買いに行ってるインデックスが戻ってきたら、な…」

    俺「インデックスはきっと棒アイスを買ってくる…その棒状のアイスを舐めるインデックスを見て俺はあるお願いをする!
    すなわち棒状のモノを懸命に舐めるインデックスの姿をフェラをする姿に見立てて俺はいきり立った肉棒を出しインデックスに突きつけ!
    『俺の棒アイスも舐めてくれ…』ヴヒッ…!グフィヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒ!!!!!」

    上条「うわっ…!やべぇコイツ気持ち悪ぃぞ…おい、ヨダレまき散らすんじゃねぇ!汚いっての!」

    俺「ブビヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒ!ヒィッヒッヒ!」

    インデックス「とうまーアイス買ってきたよー」タタタ

    【上条「暑っちーな…」俺「そうだな…」】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/17 20:55:28 ID:wGshwn2WI
    まるこ「着火!」

    ぼぼぼうぼうぼうぼう

    永沢「うわあああ」

    まるこ「しめしめ、焼き出されてきたね」

    永沢「僕の家があああ」

    次の日

    丸尾「ずばり永沢くんを慰める会をするでしょう」

    丸尾「永沢くんは今叔父さんの家にズバリ居候してるでしょう」

    まるこ「なるほどね」

    その夜

    ぼぼぼうぼうぼうぼう
    ぼぼぼうぼうぼうぼう

    永沢叔父「うわああああああ俺の家が!」

    【まるこ「永沢を自殺に追い込もう」】の続きを読む

    このページのトップヘ