カテゴリ:アニメ > ライトノベル

    _SX460_

















    トラウマの原因である天上空との再会後、奏の脳内選択肢に変化が!“選べ倒れかけている少女を(1)浅めに抱きとめる(2)深めに抱きとめる”ば、馬鹿な…どっちも選びたい、 だと!?なんの気まぐれかラブコメモードに入った選択肢さん。奇しくも今はランキング入れ替えの時。これは『お断り5』脱出のチャンス!?乗るしかない、このビッグウェーブに! 【俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している7巻(角川スニーカー文庫) ネットの感想まとめ】の続きを読む

    1: ローリングソバット(岡山県) 2014/01/12 17:57:03 ID:aOj9r8a50
    タイトルがあまりにも長すぎるライトノベルランキング(2014年1月付け)

    今回は2013年以降に発売されたラノベも含めて集計をしなおし、改めてランキングにまとめてみたラコよ!
    (カウントするのはメインタイトルのみで、サブタイトルと思われるものはノーカウントとしたラコ)
    タイトルがあまりにも長すぎるライトノベルランキング(2014年1月付け)

    1 未曽有の54文字
    no title

    男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど
    年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

    2 感嘆の41文字
    no title

    邪神に転生したら配下の魔王軍がさっそく滅亡しそうなんだが、どうすればいいんだろうか

    3 奇跡の41文字
    no title

    恋人にしようと生徒会長そっくりの女の子を錬成してみたら、オレが下僕になっていました (一迅社文庫)

    4 怒濤の36文字
    no title

    名門校の女子生徒会長がアブドゥル=アルハザードのネクロノミコンを読んだら (一迅社文庫)

    5 混沌の31文字
    no title

    女の子は優しくて可愛いものだと考えていた時期が俺にもありました (電撃文庫)

    http://ddnavi.com/book-best5/178944/

    【【画像あり】 タイトルの長いラノベランキングwwwww 覚えらんねぇwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 目潰し(やわらか銀行) 2013/11/26 17:39:51 ID:3cvT8ilAP
    ラノベのなかの現代日本

    内容紹介
    文芸評論とは無関係ながら、ある一定の世代に黙々と消費され続けるライトノベルの世界。
    気がつくと、ラノベ出身作家がメジャーシーンで活躍していたり、作品がハリウッドで映画化されたり。
    日本文化にもじわじわと影響をもたらしている。
    その巨大で寡黙なラノベ作品群だが、
    読者層が限られているからこそ、内容の変容をたどっていくと、
    日本社会の変化が確実に刻み込まれている。
    その変化とはどのようなものなのか。
    上の世代との断絶。ポップかライトへ、そしてぼっちへ。むかしオタク、いまはフツー。
    ドラえもんの来なかったのび太たち。
    注目の文芸批評家が読み解く。

    続きはソースで
    http://blogos.com/article/73293/

    【ラノベって木刀を持ち歩いてる子や財閥の娘や宇宙人っ子が多すぎじゃね?】の続きを読む

    1: オムコシφ ★ 2013/12/11 00:17:34
    今年10月に発表されるとたちまち大きな反響を呼んだ『魔法科高校の劣等生』のアニメプロジェクトが、テレビシリーズであることが明らかになった。
    12月10日に、本作が2014年4月よりテレビ放送されることが発表された。
    原作の人気も高いだけに、来春の新番組の注目作品のひとつになりそうだ。監督が『境界線上のホライゾン』や「咲-Saki-」シリーズなどのヒット作で知られる小野学さん、
    アニメ制作がマッドハウスであることもポイントであろう。

    『魔法科高校の劣等生』は、佐島勤さんが描く小説だ。
    魔法科高校に通う主人公の劣等生・司波達也と妹の優等生・司波深雪を軸に話が進む。シリーズは累計315万部を発行するヒット作である。
    本作はweb小説からスタートしたことでも知られている。
    まず2008年にウェブでスタート、その累計PVは5500万にも達している。その人気から2011年からは電撃文庫にて刊行を開始した。
    今回は作品がさらにアニメに展開する。
    ウェブ→小説→アニメと、どんどん世界が広がっていく。

    作品はさらに多くのメディアで、様々な作品を生み出している。
    2012年には、『魔法科高校の劣等生入学編』(作画:きたうみつな)、『魔法科高校の優等生』(作画:森夕)の2本のコミカライズがスタートしている。
    さらに今年になって、『魔法科高校の劣等生九校戦編』(作画::きたうみつな)、『魔法科高校の劣等生横浜騒乱編』(作画:天羽銀)、『魔法科高校の劣等生追憶編』(作画:依河和希)と新たに3本のマンガが展開中だ。
    メディア展開の多さは、本作の人気、そして世界観の奥行きの深さを示しているだろう。
    アニメでは達也と深雪が高校に入学したところから始まる。
    アニメから初めて作品を知る人も、存分に楽しめる。

    公式サイトでは、すでに第1弾PVも配信されている。
    こちらでは達也や深雪だけでなく、クラスメイトの西城レオンハルト、千葉エリカ、柴田美月の姿も見られる。
    こちらも必見となっている。今後の新たな発表に注目したい作品だ。

    『魔法科高校の劣等生』
    公式サイトhttp://mahouka.jp
    『魔法科高校の劣等生』
    公式Twittere @mahouka_anime

    [メインスタッフ]
    原作: 佐島勤 (株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 電撃文庫)
    原作イラスト/キャラクターデザイン: 石田可奈
    監督: 小野学
    アニメーション制作: マッドハウス

    [メインキャスト]
    司波達也: 中村悠一
    司波深雪: 早見沙織
    《animeanime》

    no title


    http://animeanime.jp/article/2013/12/10/16646.html

    【【ラノベ/アニメ】 「魔法科高校の劣等生」、テレビアニメで2014年4月スタート 累計315万部の大ヒット作】の続きを読む

    1: yomiφ ★ 2013/12/13 20:19:53
    no title


     女子のパンツ。スカートの中に隠されたその小さな布は、いくつになっても男子を魅了する。
    実際、今期のアニメでもパンチラシーンがある作品はかなり多かったし、パンツの擬人化マンガも
    出ているほど。いっそパンツになってしまいたい、なんていう妄想を抱く男子もいるのではないだろうか。
    そんなパンツへの憧れが強すぎたのか、11月25日にはついにパンツが主人公のラノベまで登場したのだ。
    それが、『ストライプ・ザ・パンツァー』(為三:著、キムラダイスケ:イラスト/メディアファクトリー)。
    パンツが主人公になったら、いったいどうなるのだろう?

     主人公は、青と白のしま模様でストライプという名前の宇宙から飛来したパンツ型生命体。
    彼は記憶喪失になっていたのだが、偶然出会った瀕死の状態の女子高生・姫川響子に寄生し、
    肉体を再生させたあと、搬送先の医師の記憶を消去・捏造した。そして、ストライプは
    失った自分の記憶を、意識が戻った響子は、行方不明になった自分の兄を探すため、
    2人で協力することになる。でも、やはりパンツが主人公なのだから当然サービスシーンも多め。
    http://www.mediafactory.co.jp/files/d000172/sutopan_hx36_pin.jpg

     たとえば、「老廃物を消化吸収、おまけに消毒までして、衛生状態が良好になるよう常に保ってる」
    というパンツ型生命体は、本来洗濯する必要などない。だから、常に響子のアソコに密着している状態なのだ。
    まぁ、女子高生の響子がそれに抵抗しないはずもなく、結局洗濯されてしまうのだが、
    彼らは自らの細胞を普通のパンツに植えつけることができ、さらにそれを分身として
    遠隔操作することもできる。つまり、すべてのパンツに自分の細胞を植えつけておけば、
    本当に四六時中くっついたまま。

     また、ストライプは洗濯バサミが弱点で、挟まれると弱ってしまうのだが、彼が余計なことを言って
    響子を怒らせると、スカートのポケットに入れておいた洗濯バサミでストライプをつままれるのだ。
    響子は単純にお仕置きのつもりでやっているだけかもしれないが、いくつもの洗濯バサミで
    自分のパンツを挟んでいる女の子を想像してみたら、ちょっと変わったプレイみたいで、
    そそられる人もいるのでは。

     そして、自分の布状の身体「繊維体」をゴムのように伸縮させることで、強いエネルギーを
    発生させることができるストライプ。その力を使えば、自ら空に舞い上がることだってできる。
    ただし、自力で伸縮するには限界があるし、自分のエネルギーも使うので効率が悪い。
    だから、響子にパンツの端のゴムの部分を引っ張ってもらって、パチーンとするのだ。
    水着の食い込みを直す姿が好きという人も多いのだから、パンツをパチーンする姿も
    たまらないはず。

     さらに、ただのパンツではなく猛禽類のように狩りをするパンツ生命体だという彼らは、
    頭にかぶさることで人間の意識に侵入する。そのため、行方不明になっていた響子の兄を
    探す際には、彼女の脱ぎたてほやほやパンツであるストライプが、クラスメイトの男子の頭に
    すっぽりかぶさってしまう。その男子を羨むのもアリだが、それと同時にノーパンで
    恥ずかしがる響子も堪能できる。

     こうやって見てみると、パンツには男子の憧れがつまっているだけでなく、ふつうの人なら
    絶対にできない、パンツになることでしか叶えられない願望がたくさんあることがわかる。
    もしかしたら、男子たちのパンツ好きが高じてこんなラノベが登場したのも、必然だったのかもしれない。

    http://news.nicovideo.jp/watch/nw874840


    MF文庫|ストライプ・ザ・パンツァー
    http://www.mediafactory.co.jp/bunkoj/book_detail/1089
    新人賞<優秀賞>受賞作、颯爽登場!

    【【小説】女子のパンツになりたい!男子のおバカすぎる夢が実現したら……パンツが主人公のラノベ『ストライプ・ザ・パンツァー』】の続きを読む

    このページのトップヘ