カテゴリ:声優 > 松岡禎丞

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19 12:55:12 ID:hTB7h5hKO
    松岡禎丞「(何かカッコイイセリフばかり言わされるし……アスナのこと守りたいって思うし……)」

    松岡禎丞「(それにキリトはこの世界に実際に生きてるんだから……『演技してる』って気持ちじゃなくて…『魂を吹き込む』って気持ちで臨みたい…)」

    スタッフ「松岡さん、本番お願いしまーす」

    松岡禎丞「おれはてめーのために演技してるわけじゃねーんだよ。わかるか?」

    松岡禎丞「てめーが演技でねーからのひがみで、声優に慣れねーかのらのひがみにしか聞こえーんだよ。
         俺を『ごり押ししても』メリット無いってきづけよ。」

    松岡禎丞「俺をごり押しして、何のメリットがあんだよ?答えてみろよ!?」

    松岡禎丞「あぁ!_?」

    松岡禎丞「むしろ、誰をごり押ししても『売りあげにかんけーし』『売り上げにかんんけーあるかねーかで』『判断するんなら』『てめーは声優に慣れねーし』『批判する権利もねーよ』」

    松岡禎丞「悔い新ためろ、出来損ない。」

    松岡禎丞「心理を言ったまでだ、よく考えろ」

    松岡禎丞「意味を」

    松岡禎丞「これは役者全員が考える正論だよ。」

    松岡禎丞「今一度意味を考えろ。」

    【松岡禎丞「(はぁ……もうこの仕事好きだ……)」】の続きを読む

    このページのトップヘ